メリハリのあるシフト 西松屋日中勤務(朝ショート) パートスタッフインタビュー

MENU

相談しながら!季節商品のレイアウトを 相談しながら!季節商品のレイアウトを

Dさん40代主婦パート

実は、座って数字とにらめっこする作業が…

私は、高校を卒業して事務職をしていました。仕事といえば事務しか頭に浮かばなかったのですが、実は、座って数字とにらめっこする作業が、私の性格にあっていませんでした。高校生の時に接客のアルバイトをしていたことを思い出して、軽い気持ちで西松屋の店舗スタッフ(アルバイト・パート)求人に応募。結婚・出産・育児を経験しているので、西松屋が子供服・赤ちゃん用品・マタニティウェアの専門店であるのは知っていましたし、西松屋を利用したこともありました。

店舗スタッフ(アルバイト・パート)求人に応募したのは、自宅から近く、車通勤ができたからです。西松屋のスタッフになって、もう9年目になります。例えば、月・火・木・金は9:00出勤で、トラックの荷受作業からスタート。水・土・日は、9:45出勤で開店準備から作業を始めるなど、シフトにメリハリをつけています。2人の子どもたちが大きくなってからは出勤日数を増やして、社会保険に加入しています。

「今って、こんなに便利な商品あるんや~!」と感動!

仕事風景1

子供服・赤ちゃん用品・マタニティウェアの専門店「西松屋」の店舗スタッフ(アルバイト・パート)になった時は、子育てが終わってから、ずいぶん時間が経っていました。なので、子育て経験はあっても商品は目新しいものばかりです。「今って、こんなに便利な商品あるんや~!」と感動!特に、離乳食の種類の多さに驚きました。上の子は卵・牛乳・大豆のアレルギーがあって、離乳食は全て手作り。大変でしたが、楽しくもありました。ですがもし、私が育児をしていた当時に、現在の離乳食があったとしたら…離乳食を買っていたかも?と思います(笑)。離乳食メーカーも様々だし、アレルギー対応の離乳食があるから、とっても便利ですよね。商品の品出しをしながら、原材料を細かく見ていた当時を懐かしく思い出します。

子供服・赤ちゃん用品・マタニティウェアの専門店「西松屋」のお仕事は、品出し以外にもやることがあります。荷受け・荷出し・お掃除・開店準備・レジ・売価変更・売場変更・倉庫の荷物補充など、一日のスケジュールが決まっているので、手持ち無沙汰になることはありません。スケジュール通りに作業を進めるので、座りっぱなしだった事務職と比べると、私はパート時間が経つのが早いように思います。

ハロウィン用品はスムーズに、プール用品は?

仕事風景2

子供服・赤ちゃん用品・マタニティウェアの専門店「西松屋」には、作業方法の細かいマニュアルがあるので、やり方が分からなくて困ることはほとんどありません。西松屋本部から季節商品の売場レイアウトが指示されますが、時には店舗によって、広さや棚の高さが変わるため、本部指示のままでは売場を作れない事もあります。「商品が多すぎて、入りきらない!どうしよう!」「棚の高さが足りない!」などなど。最近でいえば、ハロウィン用品はスムーズに変更できたけれど、プール用品は商品数が多かったので試行錯誤。店長に相談しながら売場を作っていきました。

脚立での作業は、慣れるまでは少し大変かもしれません。ですが、主婦・学生・フリータースタッフの誰でもできるようになるので、心配はいらないと思います。事務職しか経験のなかった私でも、今ではサッとできていますよ。

申し送りなどの連携をしっかり、いつまでも元気に

西松屋の店舗スタッフ(アルバイト・パート)求人に応募した当時は、接客と販売だけのイメージでした。なので、ベビーベッドやチャイルドシートなど、大きな商品の荷受け作業は「意外と体力もつかうな」という印象。ですがもともと、事務職に向いていなかった私ですし、体を動かすのが好きなので自分にはあっていると思いました。私と同世代(それ以上でも!)の主婦パートさんが、体力的なことが理由で辞めることもありません。

私の店舗では、朝から2人出勤・昼から1人出勤・夜から2人出勤というシフト体制です。人数は多くないですが、その分、申し送りなどの連携をしっかりしています。私は50代になっても、体を動かす荷受け作業も続けていきたいと思っています。いつまでも元気に働いていたいですね。

子供服・赤ちゃん用品・マタニティウェアの専門店「西松屋」の求人サイトをご覧の方へ。最後に私からお伝えしたいのは「西松屋は働きやすい職場です!」ということです。子育て経験のある方も、ない方も、きっといつまでも元気でお勤めできますよ。

求人一覧をみる

他にもたくさんのスタッフが活躍中!

アルバイト・パート 求人サイト トップへ戻る